デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、プライオリティ・パスのサービスは付帯しません。では、何故当サイトで取り上げたかというと、当カード入会者は自動的にデルタ航空の上級会員「ゴールドメダリオン」及びスカイチームの上級会員「エリートプラス」の有資格者となり、世界約490箇所のスカイチームラウンジを無料で利用できるからです。しかも、同伴者も一名まで無料となります!

スカイチームラウンジの大半を占めるのは、スカイチーム加盟航空会社運営のVIPラウンジです。例えば、日本国内の国際空港で利用できるのは下表のようになっています。

成田国際空港 デルタスカイクラブ(デルタ航空)、エール・フランスラウンジ(エール・フランス航空)、KALラウンジ(大韓航空)、ダイナスティ・ラウンジ(チャイナ・エアライン)
羽田空港 TIAT SKY LOUNGE、TIAT LOUNGE
※ともに東京国際空港ターミナル株式会社が運営
中部国際空港 KALラウンジ(大韓航空)、セントレア・クローバル・ラウンジ
関西国際空港 KALラウンジ(大韓航空)、飛鳥ラウンジ
福岡空港 ANAラウンジ(全日空)、KALラウンジ(大韓航空)
那覇空港 ダイナスティ・ラウンジ(チャイナ・エアライン)

その内容は、質量ともにプライオリティ・パス提供サービスを凌ぐレベルといっていいでしょう。しかも、同伴者まで無料になります。他の地方空港でも、一般的なゴールドカードで利用できる空港ラウンジサービスは利用可能です。

なお、一般(クラシック)券面であるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードに入会すると自動的に上級会員資格「シルバーメダリオン」有資格者となりますが、スカイチームでは「エリート」資格にしか相当しないため、スカイチームラウンジは利用できません。

通常、ショッピング利用で100円=1スカイマイルの積算となりますが、海外利用は1.25倍、delta.com/予約センター/チェックインカウンターでデルタ航空航空券を購入する場合は積算率3倍になります。

また、新規入会日から1年間をプログラム期間として、毎年プログラム期間中のカード利用金額合計が100万円に達した場合、100万円毎に5,000マイルおよび5,000MQM(メダリオン資格取得必要マイル)がプレゼントされます。

入会ボーナスマイルは8,000マイル、入会後6ヶ月以内の初回フライトボーナスマイルは10,000マイル(エコノミークラス)、25,000マイル(ビジネスクラス/ファーストクラス)と、ANAカード、JALカードの平均的な水準を大きく上回ります。

年会費が同額のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと比較してみると、同カードにあり、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに欠けているのは、羽田空港における手荷物無料宅配サービス、往路における手荷物無料宅配サービス、羽田空港におけるエアポート送迎サービスくらいしかありません。国内・海外旅行傷害保険、ショッピング・プロテクションの補償金額は全く同一に設定されており、その他のT&Eサービスも全く同一のものが提供されています。

メリット、デメリット双方を考慮しても、コスト・パフォーマンス抜群の一枚といっていいでしょう!

カード名称 デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
インビテーション 不要
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
年会費(本会員) 27,300円(税込)
年会費(家族会員) 12,600円(税込)

デルタスカイマイルアメックスゴールド申し込み画像


このページの先頭へ