ANAアメリカン・エキスプレス・カードの空港ラウンジサービスが拡充

現在、ANAアメリカン・エキスプレス・カードで利用可能な空港ラウンジが設置されているのは、国内14空港(新千歳/仙台/羽田第1/羽田第2/羽田国際/成田国際第1/成田国際第2/小松/中部国際/大阪国際/関西国際/神戸/広島/北九州/福岡/鹿児島/那覇)と海外2空港(ハワイ・ホノルル/韓国・仁川)となっています。ゴールドカードも同様です。

2012年4月1日より、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの空港ラウンジサービスが拡充され、利用可能数が現在の2倍近い27にまで一気に増えます。今現在、ANAが就航していない青森など地方空港でもラウンジアクセスが可能となります。地方在住者には嬉しい「改善」ですね。さらに、国際線利用時の手荷物無料宅配サービス、空港クロークサービスも利用できるようになります。

・・・が、同時に年会費が5,250円から7,350円に、「ポイント移行コース」参加費が5,250円から6,300円にそれぞれ値上げされます。こちらは「改悪」といっていいでしょう。

改善、改悪のバランスをどう感じるかは各人の利用状況によって異なるでしょう。

タグ

2011年12月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:青森空港

このページの先頭へ